スロット 初心者向け記事 スロット 機種情報

初心者におすすめするパチスロ機種 2回目

更新日:

前回に引き続き、初心者にも打ちやすいスロット機種と打つ前に覚えておきたいポイントを紹介。

なるべく全国設置比率の高い機種からチョイスしていきます。

 

バジリスクⅢ

バジリスクシリーズの後継機。

前作、バジリスク絆とキャラなどは同じだがゲーム性は大きく異なる。

また、規則変更後の機種のため前作の絆より
小役が出やすくメダルは減りにくくなったが当たりの出玉性能がひかえめになっている。

ただ、こちらもほとんど目押しが不要の機種。

チェリーや巻物等、全ての小役は狙わなくても勝手に揃うので安心。

さらに、絆に比べ内部状態もシンプルでやめたくてもやめられずに引っ張られる事も少ない。

出玉性能は低いけれど、深く考えずに遊ぶにはいいかもしれません。

 

ポイント

・ベルはレア役ではない

前作、絆と違って通常時にもベルが揃います。

そのため、絆より通常時のメダルが減りにくい。

また、左リール以外のボタンから停止させてもペナルティが発生する心配もなし。

通常時は右から押しても中から押しても大丈夫です。

なお、レア役となるベルは右リールのベルがずれて一直線にならずに止まる形。

派手な音と共にベルと同じ払い出し枚数が表示されます。

このズレベルはボーナスの期待度が最も高い小役となっております。

 

・3連チェリーの期待度が高く、巻物の期待度は低め

絆と違って、巻物揃いの期待度が低く、逆に3連チェリーの期待度が高い。

3連チェリーの後はチャンスゾーンに期待。

とはいえ、巻物でも当選する可能性はあるので揃ったらできれば様子見。

 

・弱チェリーの役割

また、一直線に2つしか止まらないチェリーは弱チェリー。

当選にはほぼ期待できないけれど高確率状態に移行の抽選をする役割を持っています。

夕方の屋敷に移行すれば高確率状態かも(ガセもありますが)。

高確率状態で3連チェリーを引けばチャンスゾーンが確定するほか、
他のレア小役も当選期待度が高くなります。

高確率はチェリー以外にハズレやボーナス(バジリスクチャンス)でも移行する場合があり。

ボーナス後は突入確定。

いずれ、一定ゲーム数消化(最大50G)で転落するまで継続。

 

・チャンスゾーンはなにも引かなくても入ることもある

最大でも256ゲーム消化ごとに内部でチャンスゾーンの抽選をしている。

レア役時にチャンスゾーンに期待できるのは
この抽選がくるまでの残りゲーム数を強制で0にする抽選をしているため。

3連チェリーは100%で0にするので必ず内部的に抽選が発生している。

高確率での抽選はチャンスゾーン確定となる。

なお、高確率状態以外で到達した場合のチャンスゾーン当選率には設定差がある。

 

・チャンスゾーン当選時は前兆を経由する

抽選状態到達後はだいたい派手めの演出が頻発したりした後

「謀略の道」という敵が走っている画面のステージに移行。

その後の判定系演出で成功すれば争忍チャレンジと表示され、チャンスゾーンへ。

なので、3連チェ巻物ずれベルの3種を引いた後など演出が頻発している間は
演出がおとなしくなるまで様子見。(だいたい10ゲームそこらまでに謀略の道に移行することが多い)

 

・チャンスゾーン「争忍チャレンジ」は3種類

刑部(坊主頭)が出てくる「卍谷攻防戦」は期待度が多少低め。

リプレイやレア小役が揃う度に最後のジャッジ確率が有利になるモード移行を抽選している。

左の味方人数が増えるほど良いモード。一番上の弦之助参戦で確定。

残り0Gになった時に発生する戦闘演出成功でバジリスクタイム当選。

 

将監(蜘蛛のように走るおじさん)の走る画面から始まる「人別帳を守り切れ」は期待大。

ベルやレア小役成立でモード移行を抽選。

モードが上がればキャラが変化。女性まで到達すれば大チャンス。

ベル成立時は画面に押し順が出るのでそれに従えば必ず獲得できる。

残り0G時の演出に成功でバジリスクタイム。

 

夕方のお城の画面に移行する「駿府城」は突入時点でバジリスクタイム確定のチャンスゾーン。

滅多に突入しませんが、発生した場合はその時点で喜べるレアパターンです。

残りゲーム数が0になる前に確定が告知された場合はバジリスクタイムの継続保障を獲得。

その後はバジリスクタイムが継続しやすくなるモードの昇格抽選を行っています。

 

・バジリスクチャンスはボーナス

絆と違って、バジリスクチャンスは本物のボーナス扱いとなっております。

なので、バジリスクチャンス確定画面になっても揃えるまでボーナスが始まりません。

種類は青BAR3つか黄色BAR3つの2種類のみ。

当選確率は低めなのでそう頻繁にこれを目押しする機会はこないかと。

確定画面に表示されている図柄を確認したら、リールをよく見て目押ししましょう。

確定画面で図柄が表示されていない状態はリプレイなどが成立しているので狙わなくて大丈夫です。

 

・バジリスクタイムはベルの連続が勝利のカギ

押し順に従って消化していきます。押し順のない時は適当打ちでOK。

リプレイが揃うと敵の攻撃のピンチ、味方が全員やられてしまうと終了です。(復活する場合もあり)

ベルやレア小役で味方の攻撃のチャンス。

ベルやレア役が連続するほど敵撃破の期待度が上がっていきます。

リプレイがベル揃いで停止する形になる場合あり。

払い出しはなくリプレイなのですが、抽選はベルとして扱われ味方の攻撃チャンスになります。


撃破のポイントは連続した回数。

なので、ベルとリプレイを交互に引くより4連続以上したほうが撃破しやすいです。

頑張ってベルを連続させましょう。

とくに最後の対戦相手はレア小役を引くかベルを連続で引かないと撃破は難しいです・・・。

 

 

とまあ、このあたりでしょうか。

ボーナスの時にのみ目押しが必用になりますが、確率が低いのでそうそう機会が多くないです。

通常時に抽選モードの概念がないので高確率かどうかと前兆かどうか以外やめ時に困りません。

基本的にはレア小役を引いたらちょっと様子を見る程度の認識で十分かと。

個人的には絆より初心者に理解しやすい機種じゃないかな、と思います。

 

今回はここまで。

3回目に続きます。







-スロット 初心者向け記事, スロット 機種情報
-, ,

Copyright© パチンコ&パチスロ塾! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.