スロット 機種情報

闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機 解析、攻略など

更新日:

11月13日更新

CZ中の抽選など、ほんのちょっと更新しました。

 

最速導入は10月21日

 

 

闘魂継承

アントニオ猪木という名のパチスロ機

株式会社オリンピア 闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機 筐体

(オリンピア)

 

もくじ

 

機種紹介

スペック

打ち方

設定判別

通常時概要

チャンスゾーン

AT「闘魂チャンス」

所感

 

 

 

機種紹介

アントニオ猪木のパチスロ最新作。

パチンコ、パチスロ共に

おなじみのコンテンツですね。

 

元々、猪木のパチスロといえば

平和オリンピアから誕生した

「アントニオ猪木という名のパチスロ機」

が元祖の長年続くシリーズ。

 

最近はなにやら大人の事情で

他のメーカーから猪木のスロットが登場し、

宇宙に行って神(GOD)と戦っていました

がこっちに戻ってきたようです。


今回はリアルボーナス非搭載の純AT機。

出玉の全てはAT

「闘魂チャンス」のヒキにかかっています。

 

AT純増は4枚。

ベル1回の払い出しは10枚なので

1セット70~700枚以下となります。

 

 

スペック 機械割

設定 CZ AT初当り 出玉率
設定1 1/442.6 1/680.6 97.6%
設定2 1/418.8 1/646.9 98.7%
設定3 1/380.0 1/597.5 100.2%
設定4 1/324.5 1/513.0 104.1%
設定5 1/274.1 1/433.9 108.8%
設定6 1/215.2 1/340.6 114.9%

AT純増 4枚

コイン持ち 50枚で約51G~55.1G(設定差あり)

 

天井

通常時700G+

前兆消化でチャンスゾーンに突入

(750G以上引っ張られることもある)

 

天井はチャンスゾーンに入るだけなので

当たり確定の天井ではない。

 

実質、天井なし。

 

一応、通常のチャンスゾーンより勝率が優遇されている。

(対戦相手テーブルが優遇され、熊が出にくくなる)

 

お店のデータカウンタでは

超通常のゲーム数が加算されて

実際のゲーム数とズレていることが多い。

 

液晶の右上にあるゲーム数が

正確なのでそちらを見ること。

 

 

スペック解説

設定6の機械割が現行6号機の限界値。

設定6はかなり甘いはずです。

 

逆に、低設定は激辛?

ほとんどCZ天井へ直行。

機械割が本当なのか怪しいくらい当たらない。

 

設定の良し悪しは一目瞭然かも。

 

入替直後や隠れイベント日など、

設定6を使いそうな時は要注目。

実際に設定6を使ってくれる店は良いお店でしょうね。

 

チャンスゾーン当選率に

大きな差があるので、ここがポイント。

設定6は別格にハマりにくい。

700G以上へ頻繁に到達している台は

打たないほうがよさそう。

 

天井は実質ありません。

チャンスゾーンに当選するだけという

リゼロとかと同じ感じの天井仕様。

 

チャンスゾーン中はベルナビが

現状維持~微増程度に発生する。

 

チャンスゾーン失敗後は有利区間リセット。

 

コイン持ちはいいですが、

ATの確率が重たい。

かつ、出玉の獲得が大量獲得のヒキ依存。

 

いくら連チャンしてもベルナビが

10回ばかりだと増えない。

逆に低設定でも一撃で出る時は出る。

 

箱に手の届くまでの

出玉性能はけっこう荒いと言える。

 

 

打ち方

 

リール配列

闘魂継承アントニオ猪木という名のパチスロ機 リール配列

 

通常時の打ち方

演出非発生時は基本的に適当打ちで可。

 

左リールに青7下のチェリー狙い。

 

スイカがすべってきたら

中リールにBARか青7を目安にスイカ狙い。

右リールは適当打ちでOK。

 

スイカすべり以外の時は中右適当打ち。

チェリー停止時も適当打ちでOK。

(どこで押しても強弱判別は可能)

 

目押しはちょっと難しくなるが、

左上段に赤7狙いも可。

(早く押しすぎなければチェリーはすべってくる)

 

BARを下段に押す感じ。

この場合、左に赤リプBAR停止でチャンス目1確。

高確っぽい時など

チャンス目が欲しい時に狙ってみると熱い。

 

なお、チェリーはリプレイ扱いなので

枠内に止まらなくても取りこぼしはない。

 

 

「狙ってみろよ!」発生時

カットイン

画面に指示された図柄を狙う。

指示通りの停止出目(1確目)が止まれば大当たり?

狙えで指示される1確目には複数のパターンがある模様。

 

1確目が止まったら

そのまま残りのリールに赤7を狙えば

赤7(闘魂ボーナス)か赤赤BAR(REG)が揃う。

 

レア役の停止型

 

角にチェリー停止時

強チェリー(リプレイ)

3連チェリー

中リールに「チェリー赤7チェリー」出目停止

右リールに「BARリプレイ赤7」出目停止

 

弱チェリー(リプレイ)

上記の出目以外のチェリー。

 

下段青7停止時

ベル or リプレイ or ハズレ or チャンス目A

ベルとリプレイが

同時テンパイから揃わなければチャンス目A。

 

ただ、左青7以外の箇所を押していると

違う出目になる場合も。

とりあえず、音とリール点滅の発生で判断。

 

スイカすべり時

スイカ揃い → スイカ(3枚 強弱なし)

スイカハズレ → チャンス目B

 

スイカは平行に揃う場合と

斜めに揃う場合があるが強弱はない。

 

 

ボーナス、AT中の打ち方

ナビ非発生で演出発生時は通常時と同様に小役狙い。

 

てめえの力で勝ち取ってみろ!発生時

6択

AT中やレギュラーボーナス中に発生。

自力でベルの押し順当てにチャレンジ。

 

ベルが揃えば成功でATのストックを獲得。

(押し順によってはベル小山型で成功)

 

AT中はハズレ連続や

レア役などで発生を抽選している。

 

 

闘魂注入

勝ち取ってみろ!ではなく、

闘魂注入が発生したらナビを告知。

押し順通りに押すだけで6択成功!

 

AT中は特殊な状態を除いて発生は稀。

ハズレ5連で発生確定。

REG中も発動率は低い。

 

 

青7狙ってみろよ!発生時

青7カットイン

闘魂ボーナス中に発生。

押し順に従って全リールに青7狙い。

揃えばATストック獲得。

 

普通の闘魂ボーナス中は

けっこう出るわりに揃わない。

 

炎がついていようが期待できない。

 

道からや猪木フェスティバル中の

狙ってみろよでは揃いやすい。

 

 

設定判別

スタンプ

パチンコのルパン同様、高設定確定画面にはスタンプがついている。

(赤銅色) → 設定4以上

(銀色) → 設定5以上

(金色) → 設定6

細かい判別はしなくても、これだけは覚えておこう。

平和の機種は今後、高設定確定=スタンプ出現が常設になるかも。

 

 

CZ、ボーナス、超通常 終了画面(出る画面は共通)

総回転数で出現率が変わるかも。

とくに、高設定確定画面。

 

キャラなし → 通常パターン

設定関係なく、基本的にキャラは出ない。

 

 

CZの敵 → 奇数示唆

スロット 闘魂継承アントニオ猪木の終了画面スケボー

スロット 闘魂継承アントニオ猪木の終了画面スケボーと実況と熊

など

 

たまーに出る。

下画像との偶数奇数の出現率差は

そこまで大きくなさそう。

 

アニメ絵の猪木 → 偶数示唆

スロット 闘魂継承アントニオ猪木の終了画面猪木

こちらもたまーに出る。

前述の通り、

そこまで出現率差は大きくなさそう。

 

 

ラウンドガール → 高設定示唆

スロット 闘魂継承アントニオ猪木の終了画面女の子

低設定ではあまり出ない…?かも。

 

 

ファンの若者3人 → 設定2以上

スロット 闘魂継承アントニオ猪木の終了画面猪木ファン

散々打って1回しか出なかった。

出にくいかも。

ただ、所詮は設定2以上の要素。

 

 

コスプレガール(良スタンプ) → 設定4以上

スロット 闘魂継承アントニオ猪木の終了画面コスプレ

出たら、打てる猪木。

最低でもわりと快適な遊技は約束。

 

個人的に、この機種は

設定4以上じゃないとまともに打てないと思う。

 

 

実写猪木&長州&藤波(優スタンプ) → 設定5以上

猪木&長州&藤浪

熱い猪木が確定。

まず、1日打っていいでしょう。

きっと楽しめるはず。

 

 

実写猪木笑顔アップ(極スタンプ) → 設定6

笑顔猪木

最高の猪木。

猪木が笑えばあなたも笑う。

天井行ってもメダルは返ってくるでしょう。

 

 

これらの画像はどこで出ても役割は同じ。

画像の意味だけ覚えておきましょう。 

 

 

有利区間完走エンディングの朗読

馬鹿になれ

朗読の内容で設定を示唆

 

開けゴマ → 奇数示唆

感謝の階段 →  偶数示唆

子供の夢 → 設定2以上

心の扉(赤文字) → 設定4以上

馬鹿になれ(金文字) → 設定6

 

AT中に規定枚数到達か

有利区間規定ゲーム数到達で流れる猪木の朗読。

 

内容はともあれ

最初に出る朗読のタイトルで判別しましょう。

 

とくに、朗読の文字色が白以外なら

高設定確定のものなので要チェック。

 

 

AT直撃率

高設定ほどCZを経由せず

闘魂チャンスに直撃しやすい?

 

CZ当選時に直撃を抽選。

前兆から連続演出成功でいきなり

闘魂チャンスになる。

 

CZ当選時の直撃率

設定1 6.3%

設定2 7.0%

設定3 7.8%

設定4 10.2%

設定5 16.4%

設定6 25.0%

 

見ての通り、設定5と6は現実的に出る。

発生したら高設定を疑おう。

複数回あればかなり怪しい。

 

設定1で約1/18

設定6は約1/4。

発生率の差は明白。

 

何度もATにCZを経由するようなら

設定6の可能性はかなり低くなる。

 

 

闘魂GPの勝利ストック

高設定ほど、CZ中の弱レア役で

対決勝利回数を内部ストックしやすい。

 

弱レア役で勝利もそうだが、

複数ストックしていれば強制で連勝する場合も。

 

弱チェ、スイカ時の当選率

設定1 5.1%

設定2 5.5%

設定3 5.9%

設定4 6.6%

設定5 7.4%

設定6 7.8%

 

ただし、数ゲーム潜伏する場合もあり

当選をはっきり確定できない。

設定差も微量なので判別にはあまり使えない。

 

…そもそも闘魂GP中に

何度も弱レア役を引くこと自体が難しい。

 

 

共通ベル、スイカ出現率

高設定ほど押し順ベルが出にくく、

共通ベルが出やすい。

 

通常時に押し順不問の共通ベルが

成立しやすいぶんコイン持ちが良くなる。

 

(逆に言えば、低設定ほど6択ベルに

なっているので押し順で取りこぼす)

 

AT中の共通ベルは左1st系の

嘘押し順ナビが出るので看破不可能。

(一応、最初左からのベルが出やすくなることは確かだが…)

 

あくまで通常時、

ベルの揃いやすさのみに注目。

 

押し順ベルと区別できない以上偏りはあるが、

単純にベル出現率で考えればOK。

(中押しなどで区別できる仕様が存在するかもしれないが…)

 

共通ベル確率

設定1 1/39.7

設定2 1/38.9

設定3 1/38.1

設定4 1/37.3

設定5 1/32.8

設定6 1/29.3

 

上記の通り、設定5以上から大幅にアップする。

コイン持ちが妙に良い台は

設定5以上の可能性を意識できる。

 

一応、押し順ベルの確率は

設定1で約1/1.6~設定6で1/1.7程度。

 

共通ベルの逆で、

押し順ベルは高設定ほど成立しにくい。

 

見た目上区別できないので

こちらを意識する必用はないが…。

 

押し順成功も含めた合算はこちら。

通常時ベル入賞、合算確率

設定1 1/7.9

設定2 1/7.9

設定3 1/7.8

設定4 1/7.8

設定5 1/7.6

設定6 1/7.5

 

合算はとても微妙な差に見えるが、

長い目で見ると大きい。

 

普通に数えるのは面倒だが、

打ーWINの「凪ライズ」で確認できる。

登録していれば簡単に見れる。

 

 

スイカ確率

スイカの確率にも設定差がある。

 

設定1 1/99.6

設定2 1/98.4

設定3 1/96.7

設定4 1/90.8

設定5 1/88.3

設定6 1/85.1

 

共通ベルと違って、設定ごとの

数値差は設定4以上で大きめに上がる。

 

ただ、明確にわかるほどの

大きさではないのであくまで参考程度に。

 

 

メニュー画面から平和オリンピアの

携帯サービス、打ーWINを利用すれば

 

ベルの合算とスイカの確率が

確認できるので設定値との比較ができる。

 

登録して、打ってる途中に悩んだら

データを確認してみるのも手だろう。

(遊技途中にも終了せずにQRを出せる)

 

 

通常時の高確移行率

高設定ほど弱レア役から高確に移行しやすい。

 

弱チェ、スイカからの高確移行率

設定1 5.1%

設定2 6.3%

設定3 8.2%

設定4 10.2%

設定5 14.8%

設定6 20.7%

 

設定差が非常に大きい。

とくに、設定6は設定1の4倍。

滝修行ステージに移行したら高確濃厚?

ただ、はっきり状態を看破する術はないかも。

 

高確中はCZ当選率も大きく上昇。

単純に、高確に移行しやすい高設定ほど

CZに当選しやすい。

 

 

レア役からのCZ当選率

低確時

設定 弱チェ
スイカ
強チェ
チャンス目
1 0.4% 10.2%
2 0.8% 10.5%
3 1.2% 12.5%
4 2.0% 16.4%
5 3.1% 18.8%
6 5.1% 24.6%

 

高確時

設定 弱チェ
スイカ
強チェ
チャンス目
1 7.8% 30.1%
2 8.2% 30.5%
3 8.6% 32.4%
4 9.0% 36.3%
5 11.7% 38.7%
6 15.6% 50.0%

 

まあ…見たくなかったデータというか。

 

やはり、低設定は

低確のレア役ではロクに当たらない。

しかも、高確移行自体しにくい。

 

…ボロクソな遊技印象は低設定挙動そのもの。

逆に、設定4以上は低確でも

強チェとチャンス目が仕事する。

 

極端な差…。

とくに6はCZ当選率が高いうえに

AT直撃抽選の当選率も

高いので簡単にATに入る。

 

天井が頻発するかどうかで

最低限、設定が上か下かはわかりそう。

データ見るだけではっきりするかも。

(低設定、稼働しないんじゃないか…?)

 

 

「100G天井」の発生率

通常、天井は700G+前兆。

だが、天井が100Gに選択される事がある。

 

この当選率に大きな設定差。

 

100G天井の確率

設定 当選率
1 6.3%
2 7.0%
3 7.8%
4 10.2%
5 16.4%
6 25.0%

ただ、注意点がある

「天井は100G消化後のレア役で発動」

なんらかのレア役を引いて前兆に入る。

 

そのため、ヒキ次第では当選が遠くなる。

100G以降、最初に引いた弱チェやスイカで

前兆からCZに当たると怪しい。

 

ちなみに、300Gでも同内容の

天井振り分けがある。

ただし、こちらは設定不問。

 

300G天井選択率

全設定共通 12.5%

 

振り分けは薄いが、ないよりはマシ。

また、300Gは高確にも移行しやすい。

最初のレア役から

CZに当選したら天井かもしれない。

 

ただ、設定判別には使えないので無視してよし。

 

 

AT中、6択チャレンジ当選率

設定 強チェリー
チャンス目
ハズレ3連
1 0.4% 33.6%
2 0.8% 34.0%
3 1.2% 34.4%
4 1.6% 34.8%
5 2.0% 35.2%
6 2.3% 35.5%

 

強チェ、チャンス目を引き、

次の押し順ベルで

「てめえの力で…」なら高設定挙動。

低設定では滅多に当選しない。

 

ハズレ3連の場合は設定差は微量。

気にしなくていいだろう。

 

実質、ATのストックの機会が若干増え、

少しではあるが連チャン率に響く。

 

ただし、「てめえの力…」は

リプレイも含み全ての役で抽選している。

 

強レア役の前に当選していた場合もあるし

強レア役の後に引いたリプで当選することも。

 

ベル→強レア役→てめえの力

となる以外は完璧に見抜けない。

 

 

打ーWINを活用すべし

スマホや携帯で利用できる

平和&オリンピアのアプリ。

 

アプリをダウンロードし

あらかじめ登録しておく。

 

台のメニュー画面で

クイックスタートを決定で計測開始。

 

遊技終了後にメニューから

打ーWIN→終了を選択し、

アプリでQRを読み込んで終了。

 

今回、設定判別のサポート要素が

大幅に強化されて実用的な内容になっていた。

 

注目すべきは結果データ表示画面の

「凪ライズ」なる項目。

 

設定差のある小役の確率から

設定示唆画面の表示回数まで表示してくれる。

 

高設定確定画面を見落としても残る。

偶数奇数示唆回数の見比べもできる。

 

 

さらに驚くべきポイントは、

集計した遊技データを実際の

設定数値と比べてのジャッジまでしてくれる。

 

スイカ確率からCZ初当たり確率などが

C ~ SSのランクで表示。

 

ここでSSランクの項目は

設定5以上の数値…というわけ。

 

もはやこれで小役カウンタはおろか、

データ数値の照合までが不要に。

 

遊技途中でも途中経過の

QRも出せるので遊技途中にも見れる。

 

設定判別を意識したい方は

是非利用すべき要素。

 

 

 

 

通常時概要

基本はまず

弱レア役(スイカ、弱チェ)でモードを上げ、

強レア役(強チェ、チャンス目)でCZ当選を狙う。

 

ただ、ゲーム数消化でも

CZに当選することもあるらしい。

 

周期は100、200…と100G周期。

 

100G目と300G目は

短縮天井の振り分けがあるため狙い目。

到達後のレア役でCZ発動する可能性がある。

(100G天井は設定差が特大)

 

100G周期は必ず「怒ポイント」が溜まるので

コロシアムゾーンへの突入にも期待できる。

なにも引かずに前兆状態になったら期待。

 

 

ステージ

通常ステージ

プロレス会場、スポーツジム、パワースポット

内部状態の期待度に差はほとんどない?

 

高確示唆

滝修行ステージ

滝修行ステージ

長めの高確状態示唆。

スイカ等、レア役からの滝修行移行は稀?

 

おそらく、高確移行しても

滝修行ステージには行きにくい。

目に見えた高確判別は難しい仕様かも。

 

高設定ほど、弱レア役で高確に移行しやすい。

高設定なら移行する機会は多いかも。

 

滝修行ステージは

ゲーム数消化でも突入する。

 

200G、300G、400Gの

どこかで必ず突入する振り分けがあるかも?

 

300G消化での突入が多い気がする。

(300G天井示唆も兼ねている…?)

 

 

高確中はレア役を引けた時、CZやATに当選しやすくなる。

この画面の間はスイカや弱チェリーでもチャンス。

 

低設定は高確中のレア役じゃないと

ほとんどCZに当選しない。

 

 

前兆ステージ

猪木酒場ステージ

猪木酒場

どっかの番長の「特訓開始ー!」のようなもの。

いわゆるCZの前兆ステージ。

 

ボンバイエからの発展演出や、

連続演出失敗後に突入することがある。

(演出失敗後移行のほうが期待できる)

 

ここからは基本的に最後

マスクマンの因縁対決以上に発展する。

 

ランクが上がるほど

CZ当選の期待度がアップ。

 

最大4段階。

 

3頭身で長州と藤波に絡まれる

ランク2までは簡単に上がるが、

宴会状態になるランク3以上にはなりにくい。

 

ランク2のままプロレスに発展したら

基本的に諦めムード。

 

ランク3に到達したら期待…

と極端な期待度の示唆をしている。

 

実践上、ランク1での発展は確認できなかった。

2までは必ず上がる…?

 

 

特殊ステージ

猪木リゾート

猪木リゾート

CZ失敗後など、有利区間リセット→再セット後に移行。

 

有利区間開始時にCZ、闘魂チャンス直撃を抽選している。

ここの当選率に設定差はナシ。

有利区間移行時(有利区間終了後の最初)に

引いた役によって抽選される。

 

押し順ベル(押し順はずし含む)orリプレイ

通常 71.5% ガセ前兆 25%

CZ 0.4% AT 3.1%

 

スイカ、弱チェリー

ガセ前兆 50%

CZ 12.5% AT 37.5%

 

強チェリー、チャンス目

CZ 25% AT 75%

 

ガセ前兆選択時はリゾート移行後に

演出が頻発するが、なにも特典はない。

 

一応、リゾート開始後の数ゲームは演出の様子見を推奨。

妙に演出がざわついていたら

ガセ前兆でなければいずれかに当選している可能性がある。

 

とくに、AT、CZ終了後

最初のゲームでレア役時は即やめ厳禁。

弱チェとスイカでは50%で、

強チェかチャンス目時はいずれかの当選が確定。

 

タイミング的に滅多に引けるものではないが、

いちおうレア役以外からも当選する可能性はある。

数ゲーム程度は回して確認したほうがいいだろう。

 

 

演出

ボンバイエ

出ると右下にオーラをまとった猪木が出現。

 

弱レア役でたまに、

強レア役でほぼ必ず発生する。

 

発生した時点でなんらかの連続演出の前兆。

なにもレア役を引かず発生した場合は期待度大。

 

再度発生するごとに

猪木のオーラの色が上がっていく。

 

黄色文字のボンバイエで1ランク。

赤文字なら2ランク以上アップ。

 

猪木のオーラは

1ランク=半分ずつ色が上がっていく。

 

白→下半身だけ青で上半身が白のまま…といった具合。

 

赤のみ、1ランク上がっても赤のまま。

2ランク上がるとレインボーになる。

 

オーラ色の期待度

白<青<黄色<緑<<<赤<<<レインボー(確定)

 

緑以下は期待薄だが、

緑オーラから1つでも上がると期待度は大幅にアップ。

全身緑の後にボンバイエが発生するかどうかが重要。

 

最終的にその猪木が鎖で

扉を引っ張って連続演出に発展する。

 

発展先表示後、

「これじゃねえ!」発生でややチャンス。

 

実践上、猪木のオーラが半分

変わった状態での発展は滅多になかった。

 

基本的には青、黄色、緑に

全身変わったらアップがピタっと止まる。

 

下半身だけ赤、上半身緑状態での

発展はCZに当選している。

 

半端な半分変化のまま

発展したらチャンス…かも。

 

 

連続演出

成功すれば基本的にCZ当選。

超通常中は闘魂チャンス当選。

 

期待度は基本的に

 

弱演出

恋活 面接 < 先生

 

強演出

マスクマン対決 < 飛竜革命(藤波戦)< いくぞー

 

猪木酒場ステージからは必ず強演出に発展する。

 

 

猪木先生以下の演出

猪木先生以下の弱演出は

演出が3G以上続けばチャンス。

(演出の2回目で発展したら期待薄)

 

赤文字の演出や、最終ゲームに

特殊パターン発生でチャンス。

 

マスクマンの代わりに

熊がいればハイチャンス。

 

猪木先生はビンタをくらって

更生した人数が2人以上で期待度アップ。

演出が継続しても更生できないと期待薄。

 

ハズレ後に猪木酒場ステージになる場合がある。

 

猪木先生からや、演出中に

チャンスアップがあると移行しやすい。

 

 

対決系

演出タイトル表示時に

拳シャッターが作動して

赤タイトルに変化すればかなり熱い。

 

マスクマンとの宿命対決

3回目に「勝機」のカットインが出れば熱い。

(むしろ、出ないで最後になると大半はハズレ)

 

 

123ダー演出

ピンク髪のリポーターの女の子登場で発展。

 

通常演出や、

連続演出の途中などで突如混ざってくる。

 

恋活の女の子の代わりに

「出番です」と告白してきたりとか…神出鬼没。

 

アニメ絵ではなく、

実写猪木の顔出現なら当選確定。

 

ボタンPUSHでダー!と叫べば成功。

おなじみの演出。

 

基本的に超通常の時に発生。

けっこう熱いが、

ダーと言わずにあっさりはずれることもある。

 

 

怒ポイント

怒ポイント

通常時のハマリ、演出失敗などで溜まるポイント。

いわゆる、けがre…

 

満タンになるとエピソードボ…

じゃなくて、コロシアムゾーンに突入。

 

満タンになった場合、

即発動の場合と前兆を経由する場合がある。

 

ボンバイエ出現から

連続演出に成功して発動したパターンもあった。

溜まってすぐ発動するとは限らないので注意。

(数G様子見を推奨)

 

怒が溜まる演出後、

レア役を引かずにボンバイエが出ると怪しい。

 

怒Pが溜まるタイミング

・連続演出失敗(主に、強レア役)

・通常時、100Gハマリ消化するごと

 

溜まった時に左上の猪木から

垂れ幕が下がることがある。

(白は演出、紫色の垂れ幕がポイント示唆)

 

この時、文字に色がついていると

内部Pが多いことを示唆している。

 

青で期待、緑でかなり多い?

赤は未確認だが発動目前と思われる。

 

一見、怒MAXが近そうな

「近づいている…(白文字)」は

ろくに溜まっていない場合が

ほとんどなので無視していい。

 

引いたポイントぶん近づいたとか、

当たり前の事を言っているだけの模様。

紛らわしい言葉に釣られて無理な追加投資はしないように。

 

ポイントの溜まりは意外と悪く

発動前に天井に到達する場合が多い。

 

設定差はないかもしれない。

怒MAXの発動率は一応低設定ほど高い。

単純に低設定ほど大きくハマりやすい。

それゆえの差だろう。

 

天井までに強レア役を

引きまくっても発動しない事もしばしば。

 

発動までに基本的に600G以上

かかる感じなので意識しないほうがいいかも。

 

なお、怒ポイントは有利区間リセットで消滅する。

そのため、CZ失敗や超通常終了でリセット。

 

MAX直前だろうと、

元々溜まっていたPは全部なくなってしまう。

(そのため、どこかの魔法少女と違ってCZ失敗時には溜まらない)

 

 

コロシアムゾーン

コロシアムZONE

怒MAXから突入するボーナス高確率ステージ。

 

怒MAXから前兆状態→

直接発動か連続演出成功などを経て発動する。

 

狙ってみろよ発生から

1確出目の停止に成功すれば闘魂ボーナス+AT。

 

狙ってみろよは

リプレイ成立時に発生する模様。

 

ゾーンの継続G数は15、30、無限。

 

滞在中に闘魂ボーナスに当選できなくても

チャンスゾーンへ移行する。

 

 

チャンスゾーン「闘魂グランプリ」

スロット 闘魂継承アントニオ猪木の闘魂グランプリ

 

AT当選のメインはここから。

通常時の連続演出成功などから突入する。

(ボーナス当たったような演出でCZに入るのは仕様だそうで…)

 

1戦、最大5ゲーム。

猪木が攻撃すれば撃破のチャンス。

 

敵との対戦を3連続で勝利できれば

AT「闘魂チャンス」に当選。

 

たまにベルナビが発生するので

CZ中はメダルが現状維持~若干増える。

 

対戦相手は3種類

熊 < スケボー少年 < 辻よしなり

 

スケボーはリプレイ成立でチャンス、

辻はハズレ成立でチャンス。

熊は弱点となる小役がないので強敵。

 

スケボー少年の見た目が

もはや少年ではなくなっているが

気のせいだろう。

 

ついでに、辻との対決なのに

右下で辻よしなり自身が実況してるのも

気のせいだろう。

 

ここでの勝率は毎対戦、74%

(敗北→逆転抽選も含めると80%)

 

弱レア役時は一律54.7%で勝利。

強レア役時は撃破確定。

 

スケボーのリプや

辻でハズレを引いた時は大チャンス。

 

スケボー、リプ 72.7%

辻、ハズレや共通ベル 43%

 

1~3戦目の熊は押し順ベルでチャンス。

熊、押し順ベル 21.9%

 

当選時には即告知せず

次ゲームで撃破する場合が多い。

熱い役で即撃破しなくても次ゲームにも期待。

 

ただし、上記は1~3戦目での抽選。

それ以降は当選率が下がる。

ここは次の「炎超戦」の項目で解説。

 

ちなみに、80%を

3連続で成功できる期待値は約50%。

 

80%を3回なら簡単にいけそうな気がするのに、

50%だと大変そうに見えるから不思議。

 

 

闘魂GPのモード

内部的に4段階のモードがある。

モードが良いほど熊が出にくい。

そのため、勝利期待度が高くなる。

 

AT当選までの3戦は

相手が熊でもわりと勝てるが、

4戦目以降は熊が出てきた時点で絶望的。

 

8勝を狙うには

良いモードが必須かもしれない。

 

 

対戦相手の選択率

モード スケボー少年 辻よしなり
A 59.8% 30.1% 10.2%
B 30.1% 39.8% 30.1%
C 20.3% 20.3% 59.4%
D 100%

 

モードDでは勝利期待度の高い

辻しか出てこない。

 

闘魂GP、モード選択率

モード振り分け
A 61.7%
B 28.1%
C 9.8%
D 0.4%

大半はモードA。

熊が頻発するので

苦戦必至。

 

モード振り分け
(700G天井時)
A
B 69.9%
C 28.9%
D 1.2%

 

700G天井からのCZは

モードB以上が確定。

大半はモードBだが、熊が出にくい。

 

 

闘魂グランプリ中の注目ポイント

・強チェリー、チャンス目成立で撃破確定?

・レア役成立時は強制勝利を複数ストックすることも

・ボタンPUSH出現は熱い?

・アタックビジョン(下画面)を押せ!は勝利確定

・藤波(助っ人)参戦で勝利確定

・猪木の攻撃は ナックル < ビンタ < 猪木砲 の順に熱い

・文字色が金色なら勝利確定

 

 

炎超戦(えんちょうせん)

スロット 闘魂継承アントニオ猪木の延長戦

3連勝し、闘魂チャンスを

獲得した後にそのまま突入。

 

ここからは1勝目でストック獲得。

その後は、2勝で闘魂チャンスの

ストックをさらに追加獲得。

 

ただし、ここからは勝率が変化。

3戦までは勝率80%だったのが、

トータル50%に下がる。

 

辻以外での弱レア役 30.1%

(辻のみ弱レア役は54.7%のまま)

 

スケボー、リプの期待度が37.9%と半減。

 

 

また、対戦相手の種類による

信頼度の差も大きくなる。

 

対戦相手に熊が出てきたら絶望の瞬間。

押し順ベル時の勝利確率が3.9%と激減。

その他の当選率も1/3以下に下がっている。

ほぼ、レア役なしには勝てない確率。

(トータル期待度は28.9%…)

 

いかに熊を出さずに対応役で

辻とスケボーを倒すかが鍵。

 

とくに、辻のみ勝利抽選率が1~3戦目と同じ。

そのため、炎超戦の辻は大チャンスとなる。

 

7戦目を勝利すれば最終決戦へ。

 

 

最終決戦

最終決戦

最終戦(8戦目)の

対戦相手はマスクマン。

 

初代猪木から猪木と

対戦してきた謎の覆面レスラー。

 

パチンコで中に「ダーク猪木」が

入っていたこともあるが正体は不明。

(どのシリーズだったかは忘れた)

 

勝利抽選

弱チェ、スイカ 20.3%

強チェ、チャンス目 100%

それ以外 0.4%

 

マスクマン戦の勝率は10%以下。

ここまで滅多に連勝できないのに

これだとほとんど勝てないじゃん…。

 

ただしバトル中に強チェかチャンス目を

引ければ勝利確定。

引いた時点で歓喜の瞬間。

ホールの中心で「ダー!」を叫んでもいいです。

 

マスクマンに勝利すれば道フリーズが発生。

フリーズの出玉期待値は一撃1900枚!?

 

ただし、天井のCZ当選から

8勝達成した場合は

ほぼ1900枚も出る前に

1500Gリミット到達で強制終了になる。

 

初回100ナビがあるだけ

普通の継続よりマシだが1200枚ちょっとだろう。

 

 

道フリーズ

道

道フリーズ 当選契機

・リプレイ成立時の1/32768(通常時限定)

・闘魂GP、8連勝

 

画面がプチュンと消滅して発生。

シリーズ伝統のフリーズ演出。

 

猪木が読む「道」の朗読と

共に演出が展開する。

 

前述のCZ最終決戦勝利のほか、

直接発生することもある。

 

ロングフリーズは

通常時、リプレイの一部で発生。

リプレイの1/16384という抽選をクリアし、

そこからさらに1/2で発生。

 

ここの1/2ではずれた場合は

道ではなく猪木フェスティバルに当選する。

 

 

恩恵は…

闘魂チャンスストック5個以上

道ボーナス(30G、ストック高確率のボーナス<1/6.8で青7揃いに当選>)

闘魂チャンスの初回はベルナビ100回確定。

 

 

確率からして滅多に見れないかも。

天井付近では引きたくないですね…。

(枚数取り切る前に終わる…)

 

 

 

 

AT「闘魂チャンス」

スロット 闘魂継承アントニオ猪木の闘魂チャンス

闘魂チャンスはベルナビ回数管理+セットストック式。

ナビのボタンを押す度に猪木がビンタする。

 

ナビ回数がなくなっても、

「お願いしまーす」発生で継続。

 

1セットのベルナビ回数は

最低10~最高100回。

 

ナビ回数は10、20、30、

50、100の5種類が存在。

 

振り分けの存在しない

「ナビ5回で終了」が発生すると大チャンス!?

 

初回当選時の1セット目は

10ナビの振り分けが20ナビに変換され、

20ナビ以上確定。

 

せっかく当たったのに

10ナビ単発で枚数減って終わり…はない。

 

また、初回当選時はわずかな確率で

ストック獲得を抽選している。

 

ナシ 94.5%

1個 3.1%

2個 1.2%

3個 0.8%

4個 0.4%

 

ほぼ、ないものと思っていい程度。

 

 

 

闘魂チャンスのナビ回数

ナビ 振り分け
10ナビ 45.0%
20ナビ 42.5%
30ナビ 11.1%
50ナビ 0.8%
100ナビ 0.6%

大半が10か20ナビですね。

 

10ナビはハズレ当たりに近いので

20ナビ以上じゃないときつい。

 

50ナビ以上はほとんどプレミア。

 

似た仕様のHEY鏡と比較すると

20ナビの確率が上がったぶん

上が大幅に減っている感じ。

50以上での一撃はほぼ期待できません。

 

20ナビを繰り返し引いて

地味に増えるのがメインになるでしょう。

 

 

滞在ステージが継承ジャングルなら

ストック高確率を示唆。

伝説マウンテン(宇宙)になれば超高確率を示唆。

 

強レア役からの当選率のほか、

ベル押し順当て演出の発生率に影響する。

 

主に、弱チェリーとスイカで昇格を抽選。

昇格すると画面が割れてステージチェンジ。

 

 

純増は4枚。

ベルは10枚役なので

1ナビの価値は7枚(-ハズレの消費枚数)。

 

レア役は3枚かリプ扱いで増えないので

10ナビだと最大で70枚。

 

ハズレの確率がわりと高いので

10ナビは50~60枚程度で終了が基本。

 

50ナビ以上を引けないと

メダルをドル箱に移すのはきついかも。

 

 

ナビキャラカスタム

メニュー画面の項目で猪木が叩く相手を

「乙女カスタム」に変更すれば

戦国乙女、麻雀物語、南国育ちの

キャラに変更できる。

キャラカスタム

画面がパチンコの猪木6から

使いまわしじゃね?とかは言っちゃダメだ。

 

平和の萌えキャラを叩くのに

抵抗があると思うかもしれない。

だが、猪木が叩くとなぜかみんな

気持ちよさそうな反応をするので大丈夫。

 

猪木ががむしゃらに乳を触ってるように

見えてくるが気にしてはいけない。

 

 

デモ画面が表示されると

勝手に通常カスタムに戻る。

 

長く離席した後は

再度選択しなくてはならない。

 

 

闘魂チャンス中のハズレ

一見枚数を減らしてくるだけに見えるが、

ハズレはベルの押し順当て演出

「てめえの力で勝ち取ってみろ」

を抽選している。

 

当選時は次回のベルが

上乗せをかけた自力6択ゲームに。

 

ハズレ3連で高確率で抽選。

4連で勝ち取ってみろ発生確定。

5連で闘魂注入。

 

ハズレ6連目以降は

続く度に勝ち取ってみろの

発生をストック。

 

継承ジャングル時は発生しやすくなり、

伝説マウンテンではかなり発生しやすくなる。

 

 

闘魂チャンス中の示唆演出

 

ナビ継続確定

・おねがいしまーすのキャラが違う

通常カスタムならファンではなく、

ラウンドガールが。

 

乙女カスタム時は

ノブナガ達ではないキャラが出現。

 

発生した場合はもう一度

「おねがいしまーす」の発生が確定する。

 

30ナビ消化終了時に出現したら

100ナビ確定になるので悶絶。

 

・ナビ残数消化後に金扉

おねがいしまーす発生(継続)が確定。

 

闘魂チャンス、残りストックあり

・BGMが炎のファイター(猪木のテーマ)に変化

・押し順ベル第3停止時に

キャラが「ボンバイエ!」と言うカット出現

 

後者は地味だが、

残りストックがある時に出る演出っぽい。

乙女カスタム時は

麻雀物語2のキャラが出てくる。

 

 

超通常時

スロット 闘魂継承アントニオ猪木の超通常

闘魂チャンス終了後に

突入する引き戻しゾーン。

 

闘魂チャンスが再開するか、

開始から50ゲーム消化するまで継続。

 

チャンス目などのレア役を

引ければ大チャンスとなるほか、

 

ハズレを含む全役で闘魂チャンスや

ボーナス当選を抽選している。

 

闘魂チャンスではなく、

初代モード(後述)に当選することもある。

 

通常は通常なのでベルナビはない。普通に枚数が減る。

闘魂チャンスのストックが残っていてもここを経由する。

 

ストック継続時はだいたい平均30G程度で

レア役なしでも

勝手に前兆が始まって当たる。

 

レア役は引いた直後に

短い前兆から演出が発生する。

 

弱チェやスイカでも必ず

連続演出に発展し、それなりに当たる。

 

ストック継続消化の

前兆状態(連続演出発生前)に

レア役を引いた場合、

基本的に先にレア役からの

ジャッジ演出がくる。

 

当選していなかった場合、

演出ハズレ直後にそのまま再度前兆状態が発動。

(レア役を引くと前兆が延長されている気もする…)

 

タオル頻発など

ざわついてる状態でレア役を引いた時、

1回目の連続演出で

当たった場合はレア役可能性が高い。

 

はずれ後に再度連続演出が発生して

当たった場合は

ストックを消費しているかも。

 

ストック消費前に

レア役で追加できる可能性がある。

 

発動までに高い確率で

ストックできるチャンスという状況でもあります。

あくまで、ここで引ければ…ですが。

 

体感上、闘魂チャンス中より

レア役で大幅にストック当選しやすい。

 

また、チャンス目などから

初代モードに当選する可能性もある。

ここでのヒキがこの台のメインかもしれない。

 

ストックがない内部状態では

50Gの引き戻しゾーン。

 

なんとか終わるまでに

レア役を引いて復帰させたいところです。

 

ただし、ここで強レア役を

引いても当選確定ではない。

 

チャンス目はもちろん、

強チェもガセるのでぬか喜びしないように。

期待できることは確かでしょうが…。

 

 

超通常時のAT当選率

リプレイ 3.2%
弱チェリー・スイカ 7.7%
強チェリー・チャンス目 50.0%
上記以外 0.4%

弱チェやスイカからの当選率は

意外に低かった。

 

そのわりには直後に当たる気がする。

前兆短縮抽選をしてたりする…?かも。

 

また、注目すべきはリプレイからの当選。

…意外に高い。

 

レア役なしで突然前兆になるのは

ストックではなくリプ当選の場合も多くありそう。

 

 

また、連チャン数表示

「〇闘魂目」の文字が燃えている時は

ボーナス当選率がアップ。

(正確にはストック獲得+ボーナス)

 

 

超コロシアムゾーン

スロット 闘魂継承アントニオ猪木の超コロシアムゾーン

超通常滞在中にコロシアムゾーンに入ると

「超コロシアムゾーン」になる。

 

継続G数は15G固定だが、

通常のゾーンよりボーナス当選率が高い。

 

当たらずに終了した場合は

そのまま闘魂チャンスへ。

単純に、ボーナス当選のチャンス状態。

 

長く打っていて一度も発生しなかった。

通常時、AT当選前に溜まっていた

怒ポイントはここには関係ない…と思う。

 

 

闘魂ボーナス

闘魂ボーナス

30G継続の疑似ボーナス。

ストック獲得のチャンス。

 

様々な状況で発生する狙ってみろよの

停止成功から当選。

(全リールに狙うと赤7が揃う)

 

消化中は

青7を狙えで揃うとストック確定。

 

その他、小役でストックの獲得を抽選している。

小役 当選率
リプレイ 12.5%
弱チェリー・スイカ 2.3%
強チェリー・チャンス目 25.0%

おそらく、リプレイからの当選時は

狙ってみろよで青7が揃う。

 

闘魂レギュラー

闘魂レギュラー

ベル8回成立まで継続する疑似ボーナス。

1~5回まではナビが発生。

6~8回目はてめえの力で勝ち取ってみろが発生。

 

6~8回目の押し順当てに成功で

闘魂チャンスをストック。

 

闘魂注入が発生すると、

それ以降の押し順が全てナビありに。

 

基本的には最後に1回だけ発生するが、

6ベル目(最初の押し順当て)で

発生した場合は全てナビありに。

ただし、発生率は1回発生ですら稀。

闘魂注入 振り分け
なし 84.4%
1回 10.2%
2回 5.1%
3回 0.4%

 

 

非常識

非常識

もうひとつの出玉トリガー。

 

画面のはしっこに猪木の顔が

ひょっこり出てくると発生。

 

上記の顔がいきなり顔を

のぞかせるのでかなり不気味。

 

しかも、その顔が中央にやってきて

画面手前にせまってくる。

 

にらめっこさせられて

笑ってしまいそうになるがこらえよう。

 

複数の種類があるが、

どれも大きな出玉を狙える要素がある。

 

発生したタイミングに応じて、

以下のいずれかに突入。

 

 

・長州夢想

長州夢想

CZ当選時に発生する可能性あり。

 

寝ている長州力の夢の中で

猪木が勝利する度に

闘魂GPの勝利保障をストック。

 

実際のところ起こっている

内容は闘魂GPと同じなので、

8戦目のマスクマンに勝てば道フリーズ発生だ。

 

現実世界の猪木に起こされると

終わってしまう。

 

猪木がやってきたら

長州が眠り続けてくれる事を祈ろう。

 

この長州が寝ている画面も

パチンコの猪木で見たような気がする…。

 

 

・謝罪会見

謝罪会見

超通常時が終了した時に発生の可能性あり。

 

10Gの間、1/6.7で闘魂チャンスをストック。

 

闘魂チャンスが5ナビ終了する

レアパターンからはこれの発生が確定?

 

また、闘魂チャンスが連チャンせず

単発終了した場合に

発生率が大幅にアップする。

 

単発 30.1%

それ以外 1.2%

 

 

・非常識闘魂チャンス

非常識闘魂チャンス

闘魂チャンス開始前に発生する可能性あり。

 

ベルナビ50以上+終了まで

上乗せ超高確率の

伝説マウンテンステージで展開。

 

継続は50or100ナビ。

50ナビ終了後のベットボタンは

気合を入れて押したいところ。

 

超高確率のまま100ナビまで

継続になるのでその価値は大きい。

 

BETで猪木の実写で

「闘魂継承」の画面が発生すれば100ナビ。

 

50ナビだけでも大きいが、

マウンテンステージから転落しない。

 

そのため、強レア役で高確率でストックに当選。

ハズレ3連以上はナビ当てに

高確率で当選+闘魂注入でストック確定。

 

まとまった枚数獲得のほか、

大きくストックを溜めるチャンスでもある。

 

元気があれば、100ナビもある

 

・猪木フェスティバル

猪木フェスティバル

通常時の闘魂ボーナス直撃で発生する可能性あり。

確率は通常時のリプレイ成立時1/32768

 

長州小力よろしく、

猪木達がノリノリでダンスし続ける。

 

恩恵は

・闘魂チャンスストック5セット

・滞在中全役高確率でストック

小役 当選率
リプレイ 75.0%
弱チェリー・スイカ 50.0%
強チェリー・チャンス目 75.0%
上記以外 5.1%

内容は道ボーナスと同じ。

つまり、単純に道フリーズから

初回100ナビ確定がなくなっただけ。

 

発生率は道と同じの超プレミアだったりする。

多少残念なパターン。

 

 

初代モード

初代モード

超通常時の間にATをストックした時、

開始時に突入する可能性がある。

 

当選率

超通常からストック獲得時の5.1%

 

ストック式ではなく継続率で

継続するセットループ式のATモード。

 

ループ継続率は59.8%。

(ナビ継続ではなく、セット継続)

 

初代モード中は

50G以内に必ず闘魂チャンスが発動。

初代モードが続く限り、ATは終わらない。

 

初代の闘魂チャンスで

消化できるのは初回のみ。

 

2回目以降は闘魂チャンス発動時に

いつもの闘魂チャンス画面に戻る。

 

ループ継続に当選している場合は

終了後に「これじゃねえ!」が発生して再開。

発生せずいつもの超通常になったら終了。

 

初代モードが終了するまで

通常闘魂チャンスの残りストックは消費しない。

 

初代モード中にもレア役などで

ストックを増やすこともできるのでチャンス。

 

ただし、初代モードのループ継続も

超通常状態(初代通常画面)をはさむ。

 

初代モードになっても

結局メダルと有利区間が減るのは

避けられない…。

 

超通常と同じように、

初代通常でも高確率で

ストックを抽選している。

 

ストックに当選した場合、

内部で普通の闘魂チャンスが

ストックされる。

 

この間に溜まったストックは

初代モードが終了してから使われる。

 

 

前兆中は懐かしの演出が多数再現。

ラウンドガールが4人に分身して

単なるスイカ、まで再現。

 

演出完全搭載とまではいかないが、

連続演出中の猪木群などもたまに発生するぞ。

 

 

 

 

所感

初代猪木、初めて打った

パチスロなんですよね。

感慨深いものがあります。

 

設定6の機械割は6号機最大。

AT当選率が段違いなので

入っていれば一目瞭然でしょう。

問題は使われるか…です。

 

低設定のゲーム性崩壊レベルの確率ゆえ

低設定ばかり使うホールでは即座に

「猪木という見た目のオブジェ」になるでしょう。

 

低設定にはゲーム性がまったくありません。

ほぼ天井から千枚以下で終了させるだけの

まったく価値のない消費マラソンです。

 

ATの間には超通常が挟まります。

ここでの出玉減少もネック。

メダルと一緒に有利区間の残数が減る。

 

ストックのある状態でも

超通常の前兆を挟んで再開。

 

HEY鏡の毎回CZ経由で継続を思い出すと

感覚がわかるでしょうか。

そこに事前ストックの要素が加わった感じ。

 

最低のベルナビ10回終了では

出た枚数がここで飲まれてほぼ現状維持。

このあたりも鏡の慶四郎チャンスに似ていますね。

 

単純に有利区間残数が減るだけです。

しかも、10ナビの振り分けは高い。

枚数の出ないストックになんの意味があるのか。

 

最近ではリゼロなど

ノンストップの高純増ATが流行る中、

AT間の減少区間の存在する機種はきつかったかも。

 

コイン持ちは良いので、

大ハマリでの投資額は少な目。

そのための重い初当たりとも言えます。

 

ですが、ハマるほど枚数リミットまで

払い出せない危険性が高くなる。

 

そう考えると早く当たる見込みのある

高設定でなければ厳しそう。

ハマりやすい低設定はかなり不利。

 

即当たりからの高継続でなければ

満足な出玉とゲーム性の実現は難しいでしょう。

 

 

(ここからは個人的な批判になるので、不快なら見ないでください)

 

 

 

 

低設定を打ってきた感想ですけど

良いところが見当たらない。

 

チャンス目も強チェリーも

ガセ前兆突入が確定するだけな感じ。

毎回ハズレるのでイライラします。

 

弱チェリーやスイカをいくら引いても

高確?みたいな小さい演出が

続く程度で上がった実感わかず。

 

天井か天井付近の怒発動以外で

当たる気がしなかったです。

 

…それでも、当たるのはATじゃなく

チャンスゾーンですからね。

はずしたら全て水の泡。

 

750G回して1戦目のスケボー相手に即死。

AT単発には約30%で救済があるものの、

CZ即負けはなんの救済もありません。

 

有利区間G残数を考えたら

ここから枚数のリミットはほぼ不可能。

 

ストックがあっても

連チャンに超通常をはさむ。

 

残り800G以下で純増4枚のATと

減少区間を何度も繰り返すわけで…。

 

有利区間残数が少ない中、

メダルの増えない10ナビで

終わる度にモヤモヤする。

 

大量にストックできたのに、

寿命が縮まるだけの当たりは

なんのためにあるのか。

 

次に演出面ですが、

当たらないのにガセ前兆が

無駄に多く、無駄に長い。

 

強チェとチャンス目は引いたら

ほぼ長いガセ前兆状態に入ります。

 

ボンバイエが出現で右下の

猪木のオーラ色が上がるわけですが、

なぜか猪木の色はボンバイエが

2回停止しないと上がらない。

 

ボンバイエ出現はほぼ毎回

通常時のレア役対応系の強演出が出る。

そのため、しつこいくらいに

強演出からボンバイエを繰り返す。

 

そのわりに、途中から急に

ボンバイエがまったく出なくなる。

 

緑オーラ以下の一定のところで

ピタッとガセしか出なくなります。

赤まで行かないとほとんどハズレ。

 

1回目で緑まで上がったのに、

その後1度もボンバイエ出ないで

そのまま発展してハズレ。

パチンコの保留変化かよ…。

 

マスクマンとの対決では

猪木が2回連続で攻撃されて

そのままダウン(敗北)するパターンが存在。

 

これ、旧作では猪木の必殺技

濃厚な激熱パターンなんですが…?

 

長い前兆から発展したのに、

一方的にフルボッコされて負ける猪木がいる。

 

そもそも、4号機には

猪木が敗北するパターンがなかった。

 

猪木の関節技からロープブレイクか

3カウント失敗で時間切れしかなかった。

 

でも、今回の猪木は

マスクマンの攻撃をくらって普通に負ける。

 

過去作では

敵の攻撃発生=演出継続確定で

チャンスだったのに、だ。

 

「という名のパチスロ機」を

「継承」していない、と言わざるを得ない。

 

また、番長でいう特訓に値するのが猪木酒場。

 

ここでも、当たらない時は

ほとんどランク2で止まる。

 

すぐにあっさりランク2にアップするが、

その後は昇格するかもと煽って

ガセる演出だけが頻発する状態になる。

 

その前の前兆で緑以下の一定値で

強引に昇格しないまま長々と

消化させられたイライラから

もう一度、昇格しない前兆の

イライラがしつこくやってくる。

 

ガセ前兆演出の

ゲーム数設定が長すぎたのかもしれない。

 

闘魂チャンス中もハズレ目が

頻繁に出るので出玉に爽快感がない。

 

ベル以外にメダルが増加する要素が

ないので単純に枚数が減る。

 

超通常はストックがあれば

無駄に枚数を減らす区間。

 

ストックがなければ

鏡のドライブゾーンからG数当選を抜いて

強チェとチャンス目を引いたら

確定の役じゃなくしたような劣化CZになる。

 

…と、まあ。現時点では悲惨な評価しかできません。

もう一度打ってみようとは思います。

なんとか良いところを見つけたいというのが正直な気持ちです。

 

 

追記

もう一度打ってきました。

今回はたまにレア役からCZに入る事もあった。

 

初代モードのヒキと

非常識闘魂チャンス100ナビで勝ち。

 

設定2以上画面が1度出た程度。

 

スイカ確率と闘魂チャンス確率は

設定6並ですが、他は設定1並。

 

設定はさっぱりわかりませんでした…。

(3か4程度か…?)

 

結局、超通常でレア役を

うまく引ければけっこう続くといった印象。

良いところはそのあたり、でしょうか。

(弱レア役で乗せているのかは謎ですが)

 

ただ、10ナビでは

潜伏中に使った枚数がマイナスで終わることも。

 

基本的に見えているストックがあっても

30G以上は超通常で潜伏。

 

AT中のハズレが多いと

50枚も出ないので使ったぶんが戻ってこない。

それでも、有利区間残数は大幅に減らされます。

 

天井CZからエンディングまで

完走したものの1000枚にすら到達せず。

(トータル、997枚)

 

天井からではたとえ大量にストックしてもこんなものです。

…画面に映る猪木が残念顔に見えてくる。

 

 

結果的に天井はハマってやめたところから

拾うだけのハイエナ要素。

 

頑張って引けてもその程度なのに

CZ失敗や乗らずに終了も覚悟なので…。

 

そのわりには天井までハマることが多いんですね。

低設定挙動、というならば

低設定の機械割が本当にこれなのか怪しいくらいに。

 

天井からの出玉が

最大1000枚で限界ならばペイアウトの割があわない。

 

設定6が高機械割でも、

低設定がこれだけ悲惨では稼働しないだろうな。

 

この純増で天井からAT当選が

750G以上ならAT純増が8枚くらいなら許せた。

 

せめて、

有利区間1500Gの規制がなければ

やれた機種かもしれないです。

 

現状ではナシです。

ホールのメインは低設定なので

低設定のゲーム性がここまでひどいと

誰も打ってはくれません。

 

設定6が面白ければいいってものではないんです。

 

 

 

 







-スロット 機種情報
-, , ,

Copyright© パチンコ&パチスロ塾! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.