パチンコ 機種情報

P華牌R~猿渡翔がローズテイルにやってきた~ 解析、攻略など

更新日:

11月5日更新。

実際に打ってきました。

演出の詳細などを追加。

 

最速導入は11月5日。

 

P華牌R

~猿渡翔がローズテイルにやってきた~

豊丸産業株式会社 P華牌R~猿渡翔がローズテイルにやってきた~ 筐体

(豊丸)

*6段階の設定付

 

 

もくじ

機種紹介

スペック

設定判別

予告

リーチ

所感

 

 

 

 

機種紹介

まず、華牌(はなはい)とは…

2005年に奥村遊機より登場した

「CR華牌~井出洋介の華麗なる麻雀~」が初代。

 

元ホスト、流浪の雀士

「猿渡翔」(CV関俊彦)

「華牌R」の画像検索結果"

を主人公とした

麻雀漫画のような世界観の

奥村オリジナルパチンコ。

 

主人公「猿渡翔」の

声優・関俊彦さんは

忍たま乱太郎の土井先生役や

ガンダムWのデュオ役などの大御所。

初代華牌から今作まで続投しています。

 

 

初代、華牌

「華牌 井出」の画像検索結果"

個人的な印象だが、

実写・井出洋介登場の「チャンスです!」は

出るとなぜかリーチの信頼度が下がっていた

 

その後も「CR華牌2 小島武夫の戦略」と続き、

なぜか対戦相手が一新されて萌えキャラになった

2011年の「CR南国麻雀」まで継承されたシリーズ。

 

「わしにも孫がおってのう…」

「そいつはどうかな?」

 

「あたしと組まないかい?」

「リーチだからな!」

など、

話のまったくかみ合わない会話予告。

 

 

相手にツモられてはずれた直後、

タバコを投げつけて雀荘が炎上(放火行為)したら

なぜかツモ!とか叫んで当たる。

(相手が先に和了ってる時点で負けだろ)

 

対戦相手がキレて

物を投げつけてきたら大チャンス

など、意味不明な演出群。

 

過去、CRホットギミックで開発されていた

画面下で本当に麻雀の手役を作っていく

「リアル麻雀エンジン」機能など。

 

(私のような)一部のパチンカーには

熱狂的に親しまれてきた

麻雀モチーフのオリジナルパチンコでしたが、

生みの親であるメーカー

奥村遊機の倒産により終了。

 

もはや二度と翔さんには会えないのか…

と諦めていたら

 

変態メーカー(誉め言葉)で有名な

豊丸が華牌の版権と

奥村のスタッフを揃えてまさかの復活。

 

それが今作、

華牌R

~猿渡翔がローズテイルにやってきた~

 

あんた…、やったな?

 

 

「ローズテイル」とは…

「ローズテイル」の画像検索結果"

豊丸が2006年に発売した

「CRローズテイルアルティメット」

「CR野薔薇物語」(スペック違い)

 

続編は2011年の「ローズテイルEX」

 

当時では珍しい萌え?パチンコ。

こちらは豊丸のオリジナルコンテンツ。

 

 

本作にも登場のツンデレ属性

栞さん、初代の姿。

この後、基本的に足つって溺れる。

 

プール飛び込み前のお尻と効果音

「クイックイッ、プリリン☆」

が印象的なため

しおりなのに「おしり」と呼ばれていた。

 

 

主人公のばらの声優には

当時全盛期であった

野川さくらを起用するなど、

当時のアニメファンを意識したパチンコ。

(今作ではCVは今人気の雨宮天さんになってます)

 

魅力的なキャラ達に

オリジナルパチンコなのに濃厚なストーリー。

 

確変中に延々と流れる

野川さくらの歌う電波ソング

「メイド・イン・ナチュラル」。

 

歌の途中の台詞が「ひとり足がきたぞー!」と

空耳するのが2ちゃんねるで話題になった。

(実際は「瞳がチカチカとー!点滅ー!」)

 

写真: ひとり足がきたぞー!公式になっててマジ吹いたwwwww

この「ひとり足」。

後の「ローズテイルEX」で

プレミアキャラになっていた。

 

 

ひとり足はただの空耳の産物で

存在しない生物だったはずだが、

誕生してしまった。

 

大衆掲示板までチェックして

ファンの空耳に全力で応える豊丸

おそるべし…。

 

今作にも出るかもしれないですね。

ひとり足。

 

ちなみに、初代は

自作アニメーション映像を

ふんだんに使用したストーリーのパチンコでした。

EXはなんだかS社のFパ〇フルっぽいパチンコに変更。

個人的には初代のほうが良いな…。

最近の人はEXのほうしか知らなかったりするけど。

 

ローズテイルシリーズ自体は

2作と少ないものの

主人公ののばらははCR悪代官(初代)で

のばらロボとしてゲスト登場したりもした。

忘れ去られるには惜しい機種。

 

コラボの今作を機に、いつか初代の続編が

開発される日を待っているのは私だけではないはず。

 

 

…とまあ、華牌が帰ってきて

ローズテイルも帰ってくるという

故・奥村遊機と現役・豊丸の

夢のタッグパチンコとなりました。

 

どちらも好きだった自分には

注目したいパチンコです。

(あくまで個人主観)

 

 

スペック

華牌R Y2F

(一般仕様)

 

賞球数

1(ヘソ、電チュー)

10(下アタッカー)

15(右アタッカー)

3or7(ベース穴)

 

大当たり時

1R最大10カウント

 

大当たり確率

設定1 1/129.8(確変中1/66.3)

設定2 1/124.8(確変中1/63.8)

設定3 1/122.0(確変中1/62.3)

設定4 1/115.8(確変中1/59.1)

設定5 1/110.9(確変中1/56.6)

設定6 1/106.9(確変中1/54.6)

 

確変割合

80%

ただし、転落抽選を併設した仕様。

確変であっても内部的に1/70で転落。

(転落の判別は不可能)

 

電サポ回数

50~100回+α

 

*確変は規定回数終了時に

転落していなかった場合は

転落するまで電サポ継続

 

 

大当たり振り分け

 

ヘソ保留当選時

10R確変(約1000発) 電サポ100+α  3%

7R確変(約700発) 電サポ100+α    1%

7R確変(約700発) 電サポ60or70+α  2%

5R確変(約500発) 電サポ50or60+α  37%

3R確変(約300発) 電サポ50or55+α  37%

 

7R通常(約700発)+時短60or70     2%

5R通常(約500発)+時短50or60     5%

3R通常(約300発)+時短50or55    13%

 

電チュー保留当選時

10R確変(約1500発)電サポ100+α    20%

7R確変(約1050発)+電サポ100+α     4%

7R確変(約1050発)+電サポ60or70+α   2%

5R確変(約750発)+電サポ50or60+α   29%

3R確変(約450発)+電サポ50or55+α   25%

 

7R通常(約1050発)+時短60or70     2%

5R通常(約750発)+時短50or60      5%

3R通常(約450発)+時短50or55    13%

 

 

スペック解説

ダイナム系列店以外はこちら。

ほとんどの店はこのスペック機の導入です。

 

まず、最初に注目はヘソの賞球数。

最近の台は新規則でほぼ4個でしたが、

内規改定で1玉返しの機種が復活しています。

 

そのため、通常時の玉減りが非常に早い。

最近の機種と比較してハマった際に

かなり早く多くのお金を使ってしまいます。

 

その代わり、出玉は多い。

ヘソ当たりでは10発の下アタッカー。

電チューでは15発の右アタッカーが開放。

 

麻雀の「親」「子」の配当の違いを再現。

(麻雀では親の和了り時は配当が多い)

通常時は子、電チューでは親という扱い。

 

甘デジに近い確率ながら

右打ち中のアタッカー賞球はMAX。

しかも最大の10Rが20%もある。

 

電チュー当たりの10Rは

現行スペック最大の出玉である

一撃1500発ですので

ミドル機の10Rと同じ出玉です。

引けたら大きいですね。

 

ラウンド数は基本的に

大当たりした時

画面下にできた麻雀役の点数で告知。

 

以下の配当に応じた「役満」などの表示が

基本的に継続ラウンドとリンクする。

 

和了点 対応ラウンド

なし(1~3翻)

3R

 

満貫or跳満(4~5、6~7翻)

5R

 

倍満or三倍満(8~10、11~12翻)

7R

 

役満(13翻以上)

10R

 

まあ、表示と一緒にラウンド数表示が出るので

気にしなくても可。

 

ちなみに、揃っている手牌と

明らかに差のあるラウンド数の場合

ドラで無理矢理点数を上げたりする。

 

他にも、回転開始時に手配の全変化が発生したりとか。

そのため、唐突な手配チェンジはチャンスかも?

 

 

確変はちょっと変わった仕様。

前作までの華牌を打っている方なら

近いので違和感はないかも。

 

まず、確変は80%です。

20%が時短なのはわかっての通り。

 

ですが、確変だった場合でも

毎変動、内部的に1/70の抽選で転落。

転落した場合は次変動から時短状態になります。

 

この時、大当たりや突通をはさまないので

いつ転落したのかは判別不可能。

 

電サポ保障回数前に転落した場合は

そこで電サポは終了して通常に戻ります。

 

大当たりのラウンド数が多いほど

電サポ回数も優遇。

 

保障回数時点で転落していなかった場合は

転落抽選に当たった時に終了となります。

 

5R以下の大当たりなら60回で終了しなかったら

確変中が確定…などとも判定できる。

(7R確変には電サポ70回と100回もあります)

 

転落率よりは当たり確率のほうが高いので

確変が確定している状態は当たりに期待できる。

 

なお、転落率は一律だが

確変中の大当たり確率に設定差があるので

高設定ほど転落前に当たりやすく

時短に転落後も引き戻しやすいので

連チャン率が高い。

 

設定判別には初当たりだけではなく、

連チャン率も考慮したい。

 

 

 

 

 

 

華牌R GO(ダイナム専用)

 

賞球数

3か1?(ヘソ)

1(電チュー)

6(下アタッカー)

9(右アタッカー)

3or7?(ベース穴)

詳しい情報がなく、実際どうなのか不明。

ヘソ3である可能性がありそうですが…。

 

大当たり時

1R最大10カウント

 

大当たり確率

設定1 1/99.9(確変中1/19.9)

設定2 1/98.4(確変中1/19.6)

設定3 1/95.1(確変中1/19.0)

設定4 1/89.8(確変中1/17.9)

設定5 1/86.9(確変中1/17.3)

設定6 1/79.9(確変中1/15.9)

 

確変割合

80%

ただし、転落抽選を併設した仕様。

確変であっても内部的に1/21.2で転落。

(転落の判別は不可能)

 

電サポ回数

50~100回+α

 

*確変は規定回数終了時に

転落していなかった場合は

転落するまで電サポ継続

 

 

大当たり振り分け

 

ヘソ保留当選時

10R確変(約600発) 電サポ100+α  3%

7R確変(約420発) 電サポ100+α    1%

7R確変(約420発) 電サポ60or70+α  2%

5R確変(約300発) 電サポ50or60+α  37%

3R確変(約180発) 電サポ50or55+α  37%

 

7R通常(約420発)+時短60or70     2%

5R通常(約300発)+時短50or60     5%

3R通常(約180発)+時短50or55    13%

 

電チュー保留当選時

10R確変(約900発)電サポ100+α    20%

7R確変(約630発)+電サポ100+α     4%

7R確変(約630発)+電サポ60or70+α   2%

5R確変(約450発)+電サポ50or60+α   29%

3R確変(約270発)+電サポ50or55+α   25%

 

7R通常(約630発)+時短60or70     2%

5R通常(約450発)+時短50or60      5%

3R通常(約270発)+時短50or55    13%

 

 

スペック解説

「GO」はダイナム系列店の専用機。

後ろの型式は「ごらく」のGOだそうで。

プライベートブランドというやつです。

ダイナム及び、ダイナム傘下店舗のみの導入。

 

普通の店には導入されませんが、

ダイナム系ではほぼこちらが導入されるでしょう。

 

基本的な仕様やラウンドの振り分けは同じ。

 

違うところは

当たり確率が設定1で1/99と

甘デジらしい数値になっています。

 

ただ、出玉と連チャン率は少なめ。

確変中の当たり確率は高いので

確変時は早い当たりに期待できますが、

転落率も高い。

 

そのため、確変状態のまま

電サポ規定回数を超えることは少ないでしょう。

連チャンは時短状態でのヒキに比重が大きい。

 

初当たりは軽いですが、

出玉が一般機の半分くらい。

 

出玉よりも、ゆったり華牌Rを遊ぶのが目的なら

ダイナム系列店へ打ちに行くのがおすすめ。

 

短時間で多い出玉を求めたいなら

他の店で打つべき、といったところ。

 

 

 

 

 

設定判別

 

朝イチボイス

朝一一回転目、

選択している対戦相手のボイスが流れる。

 

「おはよう」から始まるもの以外なら

高設定期待度がアップ?

 

弱(「良い」系)

のばら「素敵な一日の始まりです」

しおり「私を選んでるからあなたはラッキーよ」

ビアンカ「ビアンカがいいものあーげる」

 

中(「一番」系)

のばら「私、絶対メイドの頂点になってみせます!」

しおり「私が一番良いに決まってるじゃない!」

ビアンカ「ビアンカイズナンバーワン!」

 

強(「待ち望み」系)

のばら「この日のために生きてきました!」

しおり「今日はず~っと一緒にいてよね!」

ビアンカ「ビアンカが大きくなるまで待っててね!」

 

全回転リーチの役満

全回転リーチで揃う役満に設定差あり。

普通は最後に国士無双が揃う。

 

それ以外が出た場合は設定示唆。

高設定期待度アップ?

内容の詳細は現在調査中。

 

3R大当たり時のキャラ

ラウンドの少ない3R当たりでは

キャラクター紹介の画像が発生。

キャラや出る順番で設定示唆。

 

詳細は現在調査中。

キラキラした背景ならなにかある?

 

大当たり終了後にボタン

大当たり終了後、華牌道突入画面

ボタンが点滅している時にPUSH。

出てくるスタンプで設定を示唆?

 

高設定は赤が出やすい?

 

 

 

 

主な予告

 

演出モード

2種類の演出モードが選択可能

 

「シンプルモード」

会話予告が中心。

比較的おとなしめなモード。

先読み系の予告が発生しない。

 

予告の発生頻度は低め。

セリフに翔が返答を返せばリーチ。

赤文字でチャンス。

過去の華牌の遊技感に近い?

 

先読み予告がないので、

突然くるチャンスに興奮できる。

 

また、予告が弱くても

SP発展すれば当たる可能性がある。

 

ただ、先読みがなく

期待の察知が遅れるので

無駄玉を使いやすいのがネック。

 

右打ち中も

モードの特徴は継続する。

そのため、右打ち(華牌道)中は

扉が開放する瞬間に期待感が集約される。

 

なお、通常時の背景は

選んでいるモードによって違う。

 

シンプルモードの背景は

初代華牌風のステージになる。

 

のばら → 権蔵ステージ(雀荘)

栞 → 彩香ステージ(和室)

ビアンカ → 健ステージ(マンション)

 

のばらさん…権蔵かよ。

(サングラスかけたカバみたいな顔のオッサン)

 

 

「わいわいモード」

演出頻度が高く、様々な予告が発生する。

静かな画面よりにぎやかなほうがお好みの方に。

色々な演出が見たい方におすすめ。

 

遊技性はけっこう強先読み予告待ち。

保留変化が発生しただけで十分期待できる。

逆に言えば、先読み予告なしの

期待度がかなり低い。

 

右打ち中は様々なガセ先読みが頻発する。

…それなのに、保留変化待ち。

ほぼ保留変化から当たる。

保留変化が発生していないとほぼガセ。

 

わいわいモードでは

ローズテイルのキャラに

関係した背景になる。

 

 

言語設定

余談だが、言語設定で中国語設定にできる。

変更すると字幕だけでなく、

キャラのボイスも中国語になるらしい…。

 

 

保留変化

画面左、点棒型の保留の色が変化する先読み予告。

青<緑<赤<紫(唐草模様)

 

最初が青でも緑に上がることが多い。

緑保留が回転中に

赤以上になるのが王道パターン。

大当たりに絡みやすい。

 

牌色変化

場に置いてる牌が全て臥せられて見えなくなり、

牌の色が変化する先読み予告。

緑<赤。

 

緑はリーチ確定程度。

赤は熱い。

 

 

工事中予告

画面が揺れ、工事が始まる先読み予告。

上記の画面の状態まで発展すればリーチ確定。

3段階目は回転中に発生することが多い。

 

 

その他の先読み

「流局」の文字

リーチはずれ後に出る

「流局」の文字の色が違うと

残り保留内がチャンス

 

赤<紫唐草

 

・スピーカーフラッシュ

筐体上部のスピーカーが光る先読み。

これ自体の期待度自体は低いが、

保留変化が絡めば当たりにつながりやすい。

 

 

自問自答予告

翔が自問自答するセリフで展開する予告。

最大で下の画像、炎が燃えるステップ3まで発展。

俺は…誰だ?って、オイ。

 

3回目が「わからん!」になる場合もある。

それ、わざわざ燃えて言うセリフか!?

 

 

ミニキャラ予告

ミニキャラが集まってくるSU予告。

クロッシュ(お盆)を運んでくる。

中身で期待度を示唆。

 

翔登場→バケツリレー→無事運ぶ

の3段階。

 

ただ、無事に運べても中身が空っぽだとガセ。

リーチにもならない。

 

クロッシュの中身

オムライス(リーチ)< ビフテキ(SP)< 激熱

 

ビフテキは旧華牌の確定台詞

「今夜はビフテキだぜ!」からきている。

ステーキではなく、ビフテキだ。

 

「間違えると翔さんに怒られるぞ」

「どうでもいい」

 

ウイミィ予告

のばらの飼っているフェレットが

看板を持って出てくる。

看板の内容で期待度を示唆。

 

地味に重要な予告。

緑保留から「変化」を出して当たることが多い。

(リーチ後、赤保留以上に変化する)

 

 

ちなみに、コイツは日本語を喋る。

しかも、博多弁。

 

のばらは魔法を使えるので、

魔法をかけて喋れるようにしたらしい。

 

リーチ < SP!(SP) < 決戦!(熱い)

変化(保留をランクアップ)

 

青文字の内容は色々あるが期待薄。

 

 

チャンスです予告

良雄(のばらの使える邸宅の坊ちゃん)など

様々なキャラがチャンスを告げるカットイン。

赤背景の「大チャンスです」なら熱い。

 

まさか、青チャンスですは井出さんばりに

期待度ダウンの予告ではあるまいな…?

 

ときめきチャンス

ボタン連打でときめきメーターを上げる予告。

最後に出てくる文字で信頼度が変化。

3つ目以上の赤まで到達できるかが重要。

 

最後の文字

快感 < 興奮 < 絶頂(大チャンス)

 

なお、ときめかせる相手が

白髪のオッサンだと激熱。

連打してオッサンを絶頂させる…のか。

 

翔フラッシュ

画面に翔の姿がフラッシュする。

3回発生すれば

上記の前向きの絵になり、リーチ確定。

最後の色に注目。

 

白 < 赤(チャンス) < レインボー(確定)

 

赤はけっこう熱い。

 

翔ワイプ予告

画面右上にいつも表示されている翔の顔。

ツモ運UPの表示と一緒に

枠(とPLAYER文字)の色が変化するとチャンス。

 

緑 < 赤(チャンス)

 

翔めがね予告

カッ!!

ペル〇ナ!!

い…いや、なんでもないです。

 

メガネ目のカットインは通常は青色ですが、

赤ならリーチ確定。

 

翔が謎のめがねで相手の情報を探る予告。

見えるものによって信頼度が変化。

 

誕生日など < 心電図(強) < エロ…セクシー画像

心電図は激しいパターンなら強。

通常パターンは基本的にガセる。

 

 

セクシー画像(チャンス)

 

一昔前のペ〇ソナみたいな眼鏡を出して

なにをするのかと思えば

ドラ〇ンボールの戦闘力見るやつだった。

 

 

鳴き予告

リーチ前に翔が鳴き

(相手の捨て牌を貰って手配を作る)を

宣言する。

発生すれば、その直後にテンパイでリーチがかかる。

(細かいことに、麻雀のルールに従って鳴いてリーチになると

リーチ宣言はなく「テンパイ」でリーチになる)

 

今作では鳴きの種類で信頼度に差はない?

 

アキラマジック予告

…名前あったんだ。この人。

ディーラーがマジックを披露する。

結果で信頼度が変化。

初代では彼の名前は「ディーラー」でしかなかった。

 

基本的に対戦相手に関係した

アイテムやハトが出てガセる。

 

文字

チャンス(リーチ) < 激熱

 

強運指数

30(リーチ) < 80(激熱)

名言予告

様々なキャラが名言を言う。

 

言い終わった後に文字色が変化。

赤文字になればチャンス。

金文字なら確定?

 

リーチ文字

基本はリーチもしくはテンパイ。

違うとチャンス以上。

 

リーチ(テンパイ) < SHOWTIME < 激熱

 

群予告

群予告

リーチ後に発生する可能性あり。

激熱。

 

ちなみに、この「天使のばら」は

初代のローズテイルから

継承されている群予告キャラ。

地味にこだわっているな…。

 

 

牌々トレイン

リーチ後に画面が暗転したら発生。

牌が連なって月へと登っていく。

発生しただけで激熱。

 

その他

一発告知系

出たら大当たり確定。

複数存在。

 

・枠がレインボーになり

ファンファーレが鳴る

「あんた…やったな!」

 

・盤面にある「遊MORE」ロゴの

「O」の中にある亀ランプが光る

 

リーチ

リーチがかかると、右上に表示される

「当たり牌」の出現を目指す。

自分が引けばツモ、相手がそれを出せばロン。

どちらでも当たり。

 

いずれ、当たり牌が画面に出ればいいだけなので

麻雀のルールをわからなくてもOK。

当たり牌の数が多い手牌だとチャンス。

(手牌チェンジした回転のリーチならば)

 

 

ノーマルリーチ

牌を交互に引いて当たり牌を狙う。

稲妻の色(赤)や出る回数、

捨て牌がデカくなる、

カットイン(赤)などで期待度がアップ。

 

通常のリーチBGMではなく、

歌が流れるとハイチャンス?

 

稲妻の色

青<黄色<緑<赤

 

最高4順?(4順で確定?)

基本的に3順目で

相手の台詞から画面が白くなってSPへ発展。

 

このまま発展せずに

あっさり当たることも多い。

それが華牌クオリティ。

 

とくに、右打ち中は

ノーマルであっさり当たることも多い。

 

 

SPリーチ中のボタン連打

SPリーチ中にボタンを

連打か長押しすると

画面下の部分の色が変化する。

 

赤まで到達すればハイチャンス。

レインボーまで届くと至福の瞬間…。

 

 

盲牌リーチ

ノーマルリーチから発展。

 

牌を見ずに、手の感触で牌を当てる。

正直、盲牌にはとくに意味がないので

どういうリーチなのか意味不明だが勢いだけは熱い。

 

セリフ赤文字、

手のオーラが赤い、

背景に良雄出現でチャンス。

 

指で触れば誰でもわかる

無地の「白」牌を触って読み間違える。

それが翔さんクオリティ。

 

対決リーチ

こちらもノーマルリーチ途中から発展。

無駄に勢いよく風や炎を出しながら

麻雀牌をツモりあって戦う。

 

もはや、麻雀だか格闘だかわからない。

これが本当の麻雀格闘倶楽部か。

 

赤文字、赤エフェクト、

ウイミィ(フェレット)登場でチャンスアップ。

 

盲牌よりちょっとだけ期待度が高い。

 

 

豪打リーチ

ツモった牌を激しく叩きつけあうリーチ。

麻雀リーチの中では信頼度が高い。

(激熱まではいかない程度だが)

 

こちらも、

赤文字、赤稲妻、ウイミィ出現でチャンス。

 

イカサマ看破リーチ

普段は牌を揃えて翔のほうがリーチをかけるが、

対戦相手が唐突にツモを宣言すると発展。

 

負けず嫌いな翔さんは相手が和了ると

必ず「待て!」とかインネンをつける

タチが悪い雀士である。

 

相手のイカサマを見抜けば大当たり。

だが、基本的に相手は

イカサマしていないので信頼度は低い。

 

やっぱり翔さん、ただの負けず嫌いである。

 

チャンスアップは他と同様。

台詞赤文字、翔の目に炎

背景にアキラ(ディーラー)出現。

 

待て!の台詞が「侍(サムライ)て!」に

なっているプレミアは今作にもあるだろうか。

前作ではご丁寧に敵がチョンマゲになっていた。

 

ローズチャレンジ

ローズテイルEXから継承。

「ローズチャレンジ」のロゴが画面の出現で発展。

(基本的に文字で煽ってから出る)

 

のばら達が様々な種類のある

けっこうしょうもないミッションに挑戦する。

成功すれば大当たり。

 

ミッションのタイトルが赤文字ならチャンス。

 

発生率は低く、

内容はしょうもないがけっこう熱い。

 

 

告白リーチ

南国麻雀から継承。

ローズテイルキャラが翔に告白する。

成功すれば大当たり。

発展しただけでも信頼度は高め。

 

セリフ赤文字、手紙の色(赤)、

背景に良雄がいる、

翔の顔が少女漫画風(青いバラの人)

でチャンスアップ。

 

こんなしょっちゅう会話の成り立たない

翔さんに告白する女子はどうかと思う。

付き合ったら苦労するぞ?

 

義元決戦リーチ

本機最強リーチ。

リーチ中に義元(白髪のオッサン)が乱入すると発展。

ノーマルリーチを含めた

どの麻雀対決系リーチからでも発展する。

 

ノーマルリーチからは

義元フラッシュから画面が割れて発展。

 

のばらを散々いじめてきた

屋敷の主「義元」と翔さんが戦う。

 

最後にボタン一撃で決着。

 

チャンスアップはセリフの色のみ?

発展しただけでも激熱なので

赤文字が出たらかなり熱いはず。

 

通常時はこのリーチで当たる事が多い?

 

 

 

全回転リーチ

全回転リーチは最終的に

役満の手配が揃う。

役満なので10R確変確定だ。

 

基本は「国士無双」だが、

それ以外の役満が発生すると高設定示唆?

 

 

確変or時短

華牌道(ロード)

大当たり終了後に移行する電サポモード。

時短中か確変中かはわからない。

 

一応、10R大当たり直後は確変中が確定。

だが、転落抽選があるのでその後は判別できない。

閉まる演出で扉が閉まってしまうと終了。

その前に大当たりを引けるかがポイント。

 

転落は演出関係なく内部で落ちる。

そのため、いつ転落したかはまったくわからない。

(50回転移行、半端な回転で終わった場合を除く)

 

なるべく早くリーチをかけたい。

 

華牌道中の演出

扉が左右に完全に開けばリーチ。

(ただし、電チュー保留なし時はガセる)

 

リーチ発生率は低く、

かかっただけでまずまず期待できる。

できれば熱い予告が発生して欲しい。

 

通常時に選択していた

モードの影響を受ける。

 

わいわいモード選択時

先読み予告が発生する。

ロゴ発光(色変化)、画面シェイク、翔顔フラッシュ。

ただし、どれも2連続ではほぼガセ。

ロゴ発光も緑ではほとんどガセ。

3連続発生でリーチ。

 

 

 

大当たり終了画面の隠しボタン

華牌道

華牌道突入画面で

ボタンをPUSHすると

画面左にスタンプが出現。

 

スタンプの色で

確変期待度などを示唆?

金なら保留連濃厚?

(色は設定示唆も関係あるかも)

 

 

 

所感

パチンコの規則が変更になり、

1個返しになっているのが印象的。

 

スタート入賞時の純増がゼロ。

通常時は持ち玉が減りっぱなし。

ハマれば、あっという間にお金がなくなりそう。

 

設定1のボーダーラインが

等価で27.8回。

設定6で19.2回。

…辛いですね。

 

返し玉が少なく、千円あたりの

回せる回転数を増やしにくい

(ヘソの返しがないので使える玉の総数が減る)

ことも考えるとかなり辛い気がします。

 

設定5以上以外、

粘ったら負けるような…。

 

 

ただ、返し1玉の低ベースは

悪いことばかりではない。

そのぶん、当たり確率を甘く

期待出玉を大きく設計することが可能。

 

つまり、従来の4個返しに比べると

確率のわりに出玉を多くすることができ、

時間効率が改善されます。

 

この機種も4個返しなら

設定1が1/200以下の大当たり確率に

なっていたであろう程度の出玉性能。

 

連チャン率がそれなりにあり、

それでいて右打ち中の出玉は

現行MAX出玉の10R確変が20%も存在。

 

甘デジに近い大当たり確率ながら

ミドル並の一撃出玉もありえるスペック。

 

仕事帰りなど、短時間でちょっと勝負するのに

向いているのではないでしょうか。

 

 

あと、個人的に気になるのが

声優さんが豪華です。

 

翔 → 関俊彦(せき としひこ)

 

のばら → 雨宮天(あまみや そら)

この素晴らしい世界に祝福を、アクア

叛逆性ミリオンアーサー、団長アーサーなど

 

栞 → 内田真礼(うちだ まあや)

中二病でも恋したい、小鳥遊六花

ダンまち、リリルカ・アーデ(リリ)など

 

ビアンカ → 悠木碧(ゆうき あおい)

戦記絶唱シンフォギア、立花響

麻雀物語シリーズ、風上あやかなど

 

良雄 → 喜多村英梨(きたむら えり)

偽物語、阿良々木火憐

魔法少女まどかマギカ、美樹さやかなど

 

ウイミィ → 加隈亜衣(かくま あい)

ゆらぎ荘の幽奈さん、荒覇吐呑子

天城ブリリアントパーク、千斗いすずなど

 

翔さん以外、

当時とは声優さん変わってますけど

今の時代に人気のある

女性声優さんばかりです。

 

*なるべくわかるよう、

パチンコスロット寄りに

出演作品の例を選択しました。

 

当時のキャストを再現せず

あえて今人気の声優さんに差し替え。

 

ローズテイルのキャラは

今後末長く使っていく

予感がしますね。

今後の展開がありそうです。

 

実際に打った感想

…正直、きつい。

通常時は高速で玉がなくなります。

確率以上ハマったらかなり持っていかれます。

 

それでいて、連チャン率もきつい。

 

右打ち中に当てれないと

玉が増えないのですが、

設定の影響もありなかなか連チャンしない。

 

設定1では転落率と当選率の差が小さく、

当たって20%は

最初から時短ですからね…。

 

60回転以上続いてから

扉閉まって終了も多かったです。

 

なお、保証回数後の転落で終わった場合

扉の閉まる煽りの途中で

電チューが開かなくなるので

ちょっと早くわかってしまう。

(閉鎖煽りの最初の回転で転落している)

 

わいわいモードでは

完全に先読み待ち。

 

通常時も先読み発生を

ひたすら待つだけで退屈に。

 

とりあえず、保留が変わったら

打つのをとめれるので経済的ではありますが。

 

右打ち中の当たりは保留変化に依存するので

冷めた目でガセ先読みを見る感じ。

 

シンプルモードは

いつ当たるかわからない

ドキドキ感はありますが、

ヘソが1個返しで玉の消費が激しいので

先読みが発生しないと

当たり保留点灯後にも保留をつけようと

無駄玉を打ってしまうのが痛い。

 

ただ、右打ち中は

静かに扉が開く瞬間の興奮が

華牌シリーズらしくて良い。

右打ち中に打ちながら切り替えできたらよかった。

 

設定をなくすとか、

(このままの出玉で)1/99程度のスペックにするとか、

確変中の当たり確率を甘くするとか、

確変100%にするとか、

ヘソ3~4個返しなら遊べたな…と思います。

どれかだけでもなんとかなった感はあります。

 

1玉返しで回しにくいのに

ボーダーが辛すぎるんです。

設定6でやっと普通の台の数値ですから…。

それでいて、回しやすい基礎ゲージでもない。

 

なんとかなった気はするんですが…。

愛するコンテンツだけに、

次に打つのを敬遠するのは心苦しい限り。

もうちょっと配慮してほしかったです…。

 

 

 







-パチンコ 機種情報
-, , , ,

Copyright© パチンコ&パチスロ塾! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.